« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

メルルのアトリエ・そのⅦ

マキナ領域の最終層にいるマシーナオブゴッドに勝つ事が出来ました。
このボスの厄介な所は、タイム型の攻撃スキルがあり、しかもその攻撃スキルの使用回数が無限である事にあります。
出現したら、このボスを倒すまで存在し続け、順番が回ってくるたびに攻撃してきます。
しかも、呼び出すのが1つではなく、順番が自分に回ってくるたびに呼び出すので、このボスの行動回数が増えれば増えるほど、数が多くなります。
結果として、こちらはほとんど攻撃出来ず、相手の攻撃ばかりになり負けてしまうという形になります。

これを避けるためには、相手の行動回数を減らす、こちらの行動回数を増やす、一度の攻撃ダメージを高くする、この3つを組み合わせて戦う必要があります。
相手の行動を遅らせるのは、「刺激的な香り」の効果を付けた「王家のアロマ」で。
こちらの行動回数を増やすのは、アクセサリーに「王家の風格」を付ける。
攻撃力アップは、「無限メテオール」の威力を徹底して強化。
あと、自分の順番で回復していたのでは手数が減るので、「エリキシル剤」に「やる気マンマン」か「活きがいい」を付けて自動で回復する。
これだけの準備をして戦いを挑みました。

初勝利の時のパーティはメルル、ジオ、ケイナという編成でした。
このとき結構楽に勝てたので、最強のジオを外しても勝てるのではないかと思い、2回目の挑戦はメルル、ケイナ、パメラで挑戦してみました。
結果としては、このパーティでも勝利。
ジオが居なくても、何とかなるもんだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルルのアトリエ・そのⅥ

無料で提供されているダウンロードコンテンツに、新しい採取地があるんですが、現在このエリアを攻略中です。

一番最初のエリアには、何度も足を踏み入れているんですが、それ以降のエリアに入ったのは一回だけです。
その時には、最終エリアの一つ手前まで行きました。
一番最後まで行きたかったんですが、ここで回復アイテムが残り少なくなり、これ以上進むのは無理と判断し引き上げました。

一番問題だったのが、「活きがいい」の効果が付いたエリキシル剤を、使い尽くしてしまった事です。
「活きがいい」はメルルのHPが半分以下になると自動で作動する効果で、これがエリキシル剤に付いていると、メルルのHPが半分以下になった時点で、全員のHP、MP、状態以上を回復してくれます。

ボスキャラの攻撃は、ほとんどが全体攻撃なので、全体回復でないと対応しきれないんですよね。
それに自動回復してくれると、その時の状況に合わせて対応できますから、すごくやり易くなります。
その要とも言える回復アイテムが無い状態では、さすがにラスボスに挑む気になりません。
そういった理由で、これ以上進む事を断念しました。

まあ、一度挑んでみて、そこまでに出てくる中ボスの特徴は理解出来たので、次は十分な準備をして挑みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メルルのアトリエ・そのⅤ

やっとトゥルーエンドを観る事が出来ました。

いままでトゥルーエンドを見損ねていた原因は、エンディングの優先順位を間違えていた点にありました。
条件を満たせば、トゥルーエンドが最優先だと思っていたんですが、今回はそういう順番になっていませんでした。
だから、こなしていないイベントがあったとか、やり損ねていた部分があったとかではなく、丁寧にやり過ぎていたのが原因で、観損ねてしまいました。

メメモの所に、エンディングに合わせた達成コメントが6種類出るんですが、この6つを総て達成するとトゥルーエンドにはなりません。
アストリッド、ロロナ、トトリ、メルルの4人が、アストリッドの作った年齢調整薬で、4人とも14歳になってしまう、魔女のお茶会エンドの方が、上位に設定されていました。

7月28日に追加戦闘キャラのDLCが発表されたので、早速そのうちの一人フアラをダウンロードしました。
追加戦闘キャラは一人500円なので、残りの二人ルーファスとパメラは、今回は保留です。
追加戦闘キャラは有料ですが、追加の採取地は無料なので、こちらもダウンロードしました。

やっとフアナ用の装備を、他のメンバーと同レベルまでアップさせたので、これから積極的にフアナを使っていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »