« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

BUSIN 0

2003年発売なので、これも結構古いゲームですね。
Wizardry Alternative NEOというサブタイトルが付いているように、ベースはウィザードリィなんですが、他のウィズ系ゲームに比べると、かなりアレンジされています。
BUSINは、この前に一作目が発表されており、これはシリーズ2作目となります。

ウィザードリィ系のゲームとしては珍しく、はっきりとしたストーリーが存在するのが大きな特徴ですね。
また、各階層ごとに立体感のあるダンジョンとなっており、この点も他のウィザードリィ系のゲームと、明確な差別化が図られています。

一番特徴的なのが魔法の覚え方で、レベルが上がっただけでは覚える事が出来ません。
ダンジョン内で、モンスターを倒し手に入れる素材を元に、錬金術ギルドで魔法石を作成。
それを使用する事で、始めて魔法が覚えられるというシステムになっています。
素材によって作れる魔法石が違い、魔法石の違いによって覚える魔法が違ってきます。
だから色々な魔法を覚える為には、素材そのものを色々揃えておく事が必要になります。

また、魔法にはレベルがあり、覚えている魔法の魔法石を、さらに追加して使えば、覚えた魔法を強化することが出来ます。
魔法によって強化出来る上限に差があり、覚えれはそれで十分というものから、50レベルぐらい強化できるものまであります。
攻撃系や回復系の魔法は、全体に上限が高いという感じですね。

非常に出来の良いゲームなので、続編が出てくれると嬉しいんですが、続編の予定は無いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Monster Farm 4・その二

割と簡単に、エンディングを観ることが出来ました。

3までと違って、4では大会とは直接関係ないストーリーが存在し、そのストーリーのラスボスを倒す事が、エンディングの条件になっています。
そのラスボスを倒したんですが、以前プレイして倒した時の印象より弱く感じました。

まあ、かなり前の事なので、はっきり覚えているわけではなく、漠然とした印象なので、偶然が重なった結果なのかもしれません。
攻撃が当たる当たらないには、運の要素も絡むので、運良くこちらの攻撃ばかりが当たり、相手の攻撃は当たらないという事も、時々起きるんですよね。

ただ、Sランクの大会に出てくるモンスターは、ラスボスより格段に強いモンスターになっています。
ラスボスに勝ったモンスターが、Sランクになっていたので挑戦させたんですが、まるで歯が立ちませんでした。
Aランクまでは、ほぼ均等に強さがアップしていく感じなんですが、SランクとAランクには、大きな差があります。
Sランクのモンスターに勝つ事は、エンディングを観た後の目標として、設定されているという印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Monster Farm 4

かなり古いゲームですが、久々にプレイしています。

このシリーズのベストは2だと思うんですが、PS2になってから発売されたものの中では、この4が一番で出来が良いように思います。
ただ、2に比べると不満な点が多いのも確かです。
後から発売されたゲームだけに、付け加えられた要素が幾つもあるんですが、それがゲームをさらに面白くする形で機能していない感じです。
その付け加えられたもので、無駄に時間がかかるばかりという印象なのが残念です。

個人的には、PS3でMonster Farm 2をリメイクして欲しいという希望はあるんですが、現状では難しそうですね。
MMORPGのモンスターファームも、サービスをやめてしまいましたし、テクモ自体、コーエーと合併してしまいましたね。
コーエー・テクモになってから発売されたゲームをみると、コーエーの方が主導権を握っているという感じですし。

ゲームの進行状況ですが、モンスターを5体同時に育成できる状態までファームを拡張し、5体のモンスターを育成している所です。
一番強いモンスターはAクラスまで上がっています。
一番上のSクラスまで後一歩という感じですが、丁度このくらいで寿命が来てしまうので、もう少し効率よく育てる必要がありそうです。
あとは合体を利用して、初期状態でのパラメータをアップする必要もありますね。

合体を考えると、どうしても時間がかかりますが、エンディングを観ようと思ったら必要不可欠という感じなので、じっくりゲームを進めて行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »