« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-

ちょっと印象の違うゲームをやってみたくなったので、誅仙2を始めてみました。
種族を仙人と神族から選べるんですが、西洋ファンタジー風ではない所でプレイしたいと思っていたので、迷わず仙人を選びました。

ミスティックストーンに比べると、レベルアップが早いという印象ですね。
レベル30まで上げるのに、それほど時間はかかりませんでした。
ただ、この辺までくると、モンスターを倒した経験値だけでは、なかなか上がらなくなってきました。

まあ、序盤から戦闘でレベルを上げるというより、クエストをこなした事で獲得する、経験値でのレベルアップが基本という感じだったので、その傾向が、よりはっきりしてきたという感じです。

ただ、クエストでも、メインルートのクエストと、サブのクエストでは、かなり獲得できる経験値に差が出てきました。
メインルートのクエストでの経験値の方が遥かに多いので、メインルートを進めるのが難しい時、サブのクエストで経験値を稼ぐのが、要領のよいやり方のようです。

もっとも、効率など考えず、気ままにやっているので、特に先を急いでいる訳ではありませんが・・・・・。
他にも、経験値を稼ぎやすいイベントもあるので、レベルアップの方法は、色々と用意されているという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mystic Stone

ゲーム機用のゲームは一休みして、現在オンラインRPGのミスティックストーンをプレイ中です。

キャラメイクの時選べる種族はヒューマンとエルフ。
クラス(職業)はウォーリアー、ナイト、プリースト、ウィザード、スカウト、ローグ、ワーデン、ドルイドの8種類。

特徴としては、デュアルクラスシステムというのがあります。
これは、最初に選んだクラスをレベル10以上にすれば可能となります。
サブクラスとして、残り7つのクラスから一つ選び、そのクラスでも育てることが可能になるというものです。
両方のクラスでマスターするスキルを、どちらのクラスをメインにしても使えるので、戦い方の幅が広がります。
ただ、総てのスキルが使えるわけではなく、サブにした方のスキルは、一般のスキルだけになるので注意が必要です。
スキルにもレベルがあるので、どのスキルを伸ばすか考える必要があります。

現在、メインはウォーリアーでレベル17、サブがウィザードで15まで育てた所です。
攻撃しか考えていないような、前のめりなクラス選びになっていますね(笑)。
メインとサブ、両方レベル15にすれば上級スキルを覚えることが出来ます。
やっと上級スキルを一つ覚えた所なので、まだまだこれからという感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超次元ゲイム ネプテューヌ・その三

一週目を終わりエンディングを観ることが出来ました。
二週目には、所持金、アイテム、育てたキャラクターのレベルを持ち越すことが可能です。

仲間に出来るはずの他の女神たちを、仲間に出来ないままエンディングを迎えたので、ちょっと消化不良という感じです。
その辺の事から判断すると、マルチエンディングなのではないかと思われます。

毎週ダウンロードコンテンツが配信されていますが、速く配信して欲しいと思っている、がすとちゃん戦闘参加パッチは、まだ配信予定が決まっていません。

依頼のイベントは、毎週一つずつ配信されているので、依頼の種類が増えるのは歓迎です。
ただ、依頼のパターンは3~4種類しかないので、変化に乏しいという印象は残りますね。
違ったタイプの依頼が増えれば、変化が付いて面白いんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »