« トトリのアトリエ・その七 | トップページ | 超次元ゲイム ネプテューヌ・その二 »

超次元ゲイム ネプテューヌ

コンパイルハート、アイディアファクトリー、ガスト、日本一ソフトウェア、セガのコラボレーションソフトで、ゲームメーカーが擬人化されて登場するというゲームです。
主人公も擬人化されたハードという事で、セガ・サターン(土星)→ネプチューン(海王星)という名前になっていますね。
そういった内容のゲームですから、ゲームのパロディネタ満載のゲームとなっています。

もっとも、このゲームを買うきっかけになったのは、そんな事が理由ではなく、ザールブルグどっとこむのマスコットキャラ、がすとちゃんが、そのままの姿で登場するというのが大きな理由だったりします(笑)。
このゲームに登場するメーカー擬人化キャラの中で、一番古くから存在しているキャラですね。
ヴィオラートのアトリエにもシュトーラという芸名で登場していたという過去もあります。
だから、このキャラに関しては、今回が2回目のゲーム登場という事になります。

ゲームはまだ序盤しかやっていませんが、不満な点はあるものの、それなりに楽しめるという感じです。
どこに不満を感じたかというと、戦闘に入る時の読み込み待ち。
どうしてメディアインストール出来るようにしなかったのか、この点は疑問に感じました。
また、ダメージの回復が任意に出来ないというのも、やりにくく感じる部分ですね。
まあ、難易度は高くないので、それでも問題なくゲームを進めていますが、HPが中途半端なままというのは、なんとなく収まりが悪いように感じてしまいます。

戦闘はコンボを使いこなすことが前提になっているので、ゲーム開始直後のレベルが低い時は、一回の戦闘に時間がかかり、もたついた印象を与えます。
ただ、ある程度レベルが上がり、コンボを使いこなせるようになると、特に不満は感じなくなります。
ちょっとクセの強いシステムなので、好みが分かれるかもしれません。

ゲーム好きな人を対象にしているという感じのゲームなので、マニアックなゲームという感じですね。

|

« トトリのアトリエ・その七 | トップページ | 超次元ゲイム ネプテューヌ・その二 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216210/36301620

この記事へのトラックバック一覧です: 超次元ゲイム ネプテューヌ:

« トトリのアトリエ・その七 | トップページ | 超次元ゲイム ネプテューヌ・その二 »