« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

ユーディーのアトリエ 囚われの守人・その2

現在、ファクトア神殿を攻略中です。
PSP版で追加された新キャラは、まだ見付ける事が出来ていません。
現時点で行くことの出来る場所で、チェックしきれていない場所はファクトア神殿だけなので、この場所の攻略が鍵を握っていると思われます。

また、ヴェルンの図書館にいるポストから、ファクトア神殿で見つかる、石版の破片を集めて欲しいという依頼を受けています。
これも、ストーリーを進めていく上で重要な要素のようなので、こちらの件でもファクトア神殿の攻略は必須という感じです。
両方の要素が絡み合っている可能性もあるので、もっと奥に進む必要がありそうです。

ただ、出てくるモンスターも強いので、装備を強化しないと、奥に進むのが難しい状況になっています。
だから、その準備として、有効な付属効果のついた、鉱石を集める作業をしています。
これをインゴットに加工し、武器や防具を作ると、付属効果付きの武器と防具を作ることが出来ます。
また、武器屋で買えるものより、性能のいいものを手に入れようと思うと作るしか無いので、武器・防具の作成は戦闘を有利にする為には重要です。

とにかく戦力アップして、先に進んで行きたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーディーのアトリエ 囚われの守人

PSPでリメイクされた「ユーディーのアトリエ」が発売されたので、早速プレイしています。
久々なので、やはり忘れている部分が多いですね。
アトリエシリーズも、「イリスのアトリエ」以降、システム面でかなり変更が加えられていますから、「こんな感じだったっけ?」と思いながらやっているところです。

今回のリメイクでは、新キャラが加わっていて、それに伴いイベントやストーリーも、付け加えられている部分が多いようです。
ただ、まだ序盤で始めたばかりですから、その新キャラは登場していませんし、新しいイベントやストーリーが発生する所までは進んでいません。

どのような形で登場するのか、楽しみにしながらゲームを続けていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロロナのアトリエ・武闘大会

武闘大会の隠しキャラ、マスク・ド・Gに、やっと勝つ事が出来ました。
このキャラは、ジオとの友好度を50以上に上げると、ステルク戦に勝った後に登場します。
まあ正体はジオ(国王)なんですが、とにかく強い!

実際戦った印象では、戦える相手、モンスターの中で、最も勝つのが難しい相手でした。
武闘大会があるのは2年目の12月なので、終盤の敵より低いレベルで戦わざる終えないのも、勝つのが難しい理由の一つですね。

勝った時のレベルは31。
攻撃は色々試してみたんですが、「範囲を狭く+3」が付いたテラフラムがベストでした。
範囲を狭くは+1、+2、+3とありますが、3種類全部つけた場合と+3だけの場合、ダメージにあまり差が無い印象だったので、使い勝手を考えたら+3一つで十分だと思います。

テラフラムに限らず、相手にダメージを与えるアイテムは、範囲を狭めた方が威力が上がるので、各エリアのボスキャラ用に、属性の違う爆弾に「範囲を狭く」を付けて用意をしておくと便利ですね。

自分のターンに回復しているとジリ貧になるので、回復アイテムに「生きている」等の、自動的に発動する効果を付けて攻撃に専念出来るようにしておく事も重要です。

後は、武器、防具、アクセサリーにディフェンスを強化する効果を付けておけば、やっと勝ち目が出てくるという感じです。
ディフェンスの強化を優先する理由は、攻撃をアイテムで行う事と、相手の攻撃力が高いためです。
防御力も高いんですが、倒されたらおしまいですから、まず倒されない事の方が重要ということですね。
HP+3や防御力+3を武器、防具、アクセサリー総てに付けておけば大丈夫だと思います。

これでやっと、戦える相手総てに勝つ事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »