« WP7 Maxium2008 レースシーン | トップページ | Winning Post 7 途中経過 »

Winning Post 7 Maximum 2008 IFの世界

WP7の1984年スタートには2種類のモードがあります。
史実に近いAモードと、実名馬の引退が史実通りになるとは限らず、史実とのずれが大きくなりやすいBモードの2種類です。

史実をなぞるようなやり方はやる気にならないので、Bモードで意識的にずらすようなプレイをやってみようと思いました。
自分で有名な実在場を幼駒段階で買う、あるいはその母を繁殖牝馬として購入すれば、好きな名前が付けられるので、種牡馬になりそうな馬はどんどん購入し、違う名前にしていき、現実とかけ離れたサイアーラインを構築するのが目標です(笑)。

といっても、本当に大きな影響が出るのはサンデーサイレンスが日本で種牡馬になってからですから、ゲームを開始したあたりでは、それほど影響を与えることは出来ません。
序盤はどんどん進めて行き、フジキセキ、ダンスインザターク、スペシャルウィーク、アクネスタキオン、ネオユニヴァースあたりの母を押さえてからが本番なんだと思っています。

|

« WP7 Maxium2008 レースシーン | トップページ | Winning Post 7 途中経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216210/31256761

この記事へのトラックバック一覧です: Winning Post 7 Maximum 2008 IFの世界:

« WP7 Maxium2008 レースシーン | トップページ | Winning Post 7 途中経過 »