« 剣と魔法の学園モノ。・其の二 | トップページ | 大航海時代Ⅳ アブラハン編 »

大航海時代Ⅳ ティアル編

複数のゲームを平行してプレイしているので、話題が飛んでしまいますが、今回は大航海時代Ⅳwithパワーアップキットです。
バワーアップキットで新たに3人主人公が追加されましたが、その中の一人、ティアル・ワマン・チェスカのストーリーを現在進めています。

ティアルは南米出身という事で、ヨーロッパ列強からの独立を目指す物語になります。
世界史を少しでもかじった人はご存知のように、大航海時代以降、ヨーロッパ列強は他の地域を植民地化した上、現地の人々を奴隷化して、悪逆非道の数々を行います。
そういった事を知っているだけに、判官びいきの血が騒ぐという感じで、感情移入してプレイしてしまいます。

パワーアップキットになって、かなりいろんな部分で変更が加えられています。
航海士が仲間になるイベントでも多くの変更が加えられている為、以前のバージョンと同じつもりでやると、なかなか航海士が増えませんでした。
ただ、仲間になる航海士の数は増えているので、最終的には以前より人数が多くなります。
交易に使うアイテムも増えていますし、貿易都市も増えているので、そういった部分でもボリュームアップしていますね。

これは、ぜひとも全主人公でエンディングを観たいと思っています。

|

« 剣と魔法の学園モノ。・其の二 | トップページ | 大航海時代Ⅳ アブラハン編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 剣と魔法の学園モノ。・其の二 | トップページ | 大航海時代Ⅳ アブラハン編 »