« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

大航海時代Ⅳ with パワーアップキット

PC版の大航海時代にパワーアップキットが追加されて6月5日に発売されます。
パワーアップキットの内容としては、新主人公が3人追加され、それに伴うシナリオとキャラクターの追加があるようです。

前回登場の主人公だと、ポルトガル、オランダ、スウェーデン、中国が本拠地でしたが、今回の3人で新たに加わるのは、アラブ地方、南米、日本です。
今まで無かったアラブ地方と南米からもスタートできるので、ゲームの幅が広がりますね。

それ以外にも、新たに追加された要素が幾つもあるようで、以前から収録されていた主人公で始めても楽しめるように工夫されているようです。
全主人公で一度クリアするだけでも7回エンディングを観ることになりますから、かなり長く楽しめるゲームになっていますね。

| | コメント (0)

Elminage・クリア

エルミナージュを一応エンディングまで進めました。
メインストーリーとは直接関係無いサブイベントが多いので、サブイベントでクリアしていないものが多数あるんですが、無理してやりたいとは思わないイベントも多いので、ここまででやめています。

元がウィザードリィだけに、ウィザードリィが持っている面白さは継承されていると思います。
ただ、このメーカーが作っているウィザードリィ系のゲームに共通する不満点も残っています。
具体的に書くと、乱数の使い方が雑なのが問題です。
戦闘の難易度を上げる為に、不必要に乱数を多くした為、戦闘が運任せになってしまうのが不満です。
頭を使うタイプのゲームだけに、戦略や戦術を考えて戦い、それが上手く行った時の達成感が面白さに繋がるのに、やっていると運の要素が強すぎる為、考えても成り行きに任せるしかないから、雑にプレイしてもいいという感じになってしまいます。

ウィザードリィの戦闘バランスは、他のRPGに比べてシビアではあっても、考えて対応する事を否定するような作りにはなっていません。
だからこそ戦闘バランスが厳しくても楽しいんですが、これだけ運の要素が強いと、面白さをスポイルしているように感じます。
ランダムの要素が程よく入っていれば楽しさに繋がるんですが、入れ過ぎると運次第になってしまいます。
そうなると作りが雑に感じられるんですね。

面白いゲームではあるんですが、不満な点も多い、いまひとつのゲームという印象を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »