エルミナージュⅡ

PSPで、かなり以前に発売されたRPGです。

最近のRPGは最初からキャラの名前が決まっているものばかりなので、久しぶりにキャラクターメイキングから始められるRPGをやりたくなったんですよね。

そうなると、ウィザードリィか、その影響の強いRPGを選ぶことになるんですが、ウィザードリィは何度もやり直しているので、違うものにしようと思いました。

 

ゲームバランスは、最近のRPGに比べると、かなりシビアです。

でも、そこが良い所でもあります。

たまには慎重に行動しないといけないゲームを、やりたくなってしまうんですよね。

 

ウィザードリィ系のゲームの特徴ですが、戦闘そのものよりも宝箱を開ける時の方が危険です。

パーティに盗賊を入れていないと、さらにリスクは大きくなります。

盗賊以外にも宝箱の罠を判断できる職業はありますが、盗賊に比べると1ランク下がります。

それ以外の職業となると論外です。

まあ、キャラのレベルが上がると宝箱の鑑定や解除を可能にする魔法を覚えますが、使用回数が限られてしまうので、罠解除の技能を持っている職業は必須という感じになります。

 

まだ少し進めただけですが、これからゆっくり進めて行きたいと思っています。

| | コメント (0)

英雄伝説 閃の軌跡:改

かなり前に出たゲームなんですが、改になり高速スキップモードが追加されて発売されたゲームです。

価格も安かったので購入してみました。

最初のバージョンは購入していないので、このシリーズは初めてやった感じです。

 

高速スキップモードにすると結構早くなるので、どんどん先に進めたいときは便利ですね。

通常モードと高速スキップモードの切り替えもL2ボタンを押すだけなので簡単です。

ゲーム中に釣りをする事も出来るんですが、この時は注意が必要です。

最初の方に出てくる釣るのが楽な魚だと問題ないんですが、中盤以降の釣りにくい魚だと、高速スキップモードだと釣れる気がしない感じになります。

釣りそのものも高速になる印象です。

だから釣りをする時には、高速スキップモードをオフにしないとだめみたいです。

 

一応2周する所までやりましたが、かなり不満が残るゲームでした。

シリーズ前提で作っているみたいで、まるで話が終わっていません。

大風呂敷を広げたのは良いけど、収拾がつかなくなった、もしくは最初から収集を付けようという気が無かった、そういう印象を受けるゲームです。

終わり方も、次回作を是非やろうという気になるような終わり方ではなく、これじゃ次回作はやりたくないなと思うような終わり方でした。

まあ、これは個人的な意見なので、ちゃんとシリーズで売れているという事は、多くの人はこれを受け入れているという事なのでしょう。

 

とにかくストーリーは楽しめなかったので、キャラや戦闘システムで楽しんだという感じでした。

| | コメント (0)

ドラゴンクエストビルダーズ2

発売から1年ぐらい経っているんですが、最近になって購入しました。

2の場合、シドーが仲間として戦闘に参加するので、素材集めの戦闘が、すごく楽になっています。

 

まだエンディングは観ていないんですが、中ボスとの戦闘も、やり易くなった印象を受けます。

中ボス戦では、きちんと対策を立てて戦う必要があるんですが、この辺は1と変わっていない感じです。

 

ブロックを使って色々なものを作っていくのは、やっぱり楽しいですね。

作れるものは、少しづつ増えていく感じなので、最初から凝ったものは作れませんが、こういったゲームをやった事が無い人には、順番に出来る事が増えていくのはやり易いと思います。

逆に、慣れている人は、もっと早く色々な物を作りたいと思うかもしれません。

個人的には、ストーリーを進めて行くうえで、制約が多すぎると感じてしまい、その点では不満があります。

 

取り敢えずエンディングを観て、すべての制約を解除した状態まで持って行きたいと考えています。

| | コメント (0)

冒険ダンジョン村

RPG風の街を建築していくシミュレーションゲームです。

元々はスマホのゲームみたいですが、PS4でDL出来るようになったので購入してみました。

 

ゲームの目的は、5つ星の街に発展させることです。

一応、ゲーム開始から15周年を迎えた所でエンディングなんですが、その後も続けて遊ぶことも可能。

実際に表示される年数は、16年4月なので初年度の4月がゲームの始まりのようです。

 

エンディングでクリアポイントが計算され、ベストスコアのみが残りますから、2周目3周目でクリアポイント更新を目指すという遊び方も出来ます。

エンディングまでに5つ星を達成することは可能です。

一回目だと、やり方を把握していないので難しいですが、二回目以降だと、割と簡単にエンディング前に5つ星達成出来る様になりますね。

 

冒険者が、次々とやってくるので、その冒険者との友好度を上げて、どんどん町に住むようにしていくのがポイントという気がします。

| | コメント (0)

アライアンス・アライブ HDリマスター

タイトルにリマスターと表記されているように、リメイクされた作品です。

元のゲームをやっていないので、どこが変わったのか比較は出来ないんですが、元が3DSのゲームなので2画面を一画面化し画像をHD化して強化したもののようです。

 

仲間に出来るキャラは9人+3人ですが、+の3人は仲間にしなくてもゲームのクリアは可能です。

他にもギルドに加入してサポートする役割のキャラもいるので、とにかく仲間を沢山集めていくゲームになっています。

 

キャラの強化はスキルをマスターしていき、マスターしたスキルを強化していく形になります。

HPも戦っていれば徐々に上がっていきますが、強い相手と戦わないと上がらない感じです。

自分の力を見極めて雑魚と戦わない方が、キャラの強化だけ考えれば、その方が良さそうです。

 

所持金を増やしていくのは、かなり難しいゲームになっていますね。

なかなか溜らないし、装備を強化しようとすると、かなり出費がかさみます。

まあ戦闘のドロップ品の中にも強力な武器があるので、それをうまく利用していけば、キャラの強化はあんまり難しくありません。

 

取り敢えず一回クリアする所まで進めているんですが、クリアした段階でのトロフィー獲得率が18%。

これほどクリア段階でトロフィーが取れなかったゲームは初めてです。

周回プレイが可能なので、トロフィー獲得率アップを目指して、現在ゲームを進めています。

| | コメント (0)

ライザのアトリエ

アトリエシリーズの最新作が出たので、さっそくプレイしています。

 

今迄の作品に比べて、印象の悪いキャラがやたらと多いので、その部分には不満があります。

ただ、調合を始めると、やっぱりアトリエだなぁと感じるので、そういったことをやっていると印象の悪いキャラへの不満は気にならなくなりますね。

 

このゲームの場合、キャラが装備する武器、防具、装飾品などは、買う事も出来ますが調合で作った方が同じ装備でも性能が高くなるので、調合した方が戦闘は楽になります。

また、ある程度ゲームを進めてからになりますが、作った装備を強化する事も出来るので、かなり強化していく事が可能です。

 

調合の楽しさは、今回も健在です。

ただ作るだけなら簡単ですが、良い効果を付けたり品質を上げたり、色々と工夫する必要があるので、良いものを作ろうとすると考える必要があります。

まあ、そこが楽しいんですけどね。

特に、装備につける効果は、装備に使う素材の段階で、ある程度効果をまとめておいた方が良いので、よく使う事になる金属や布は、そこで必要になる効果を纏めておく必要があります。

その為には、集める素材の吟味も必要なので、素材を集める為に何度も探索に出かける事になります。

同じ採取ポイントでも、使う道具によって出てくるものが違うので、確認することが多くなってきます。

行った事のある場所でも、出ていないアイテムが、まだまだありそうな感じです。

 

まだエンディングを観る所まで進んでいないので、これから色々試しながら進めて行きたいと思っています。

| | コメント (0)

新釈・剣の街の異邦人

蒼き翼のシュバリエの方が一段落ついたので、同梱されている新釈・剣の街の異邦人の方を今はやっています。

新釈ではない、剣の街の異邦人もやったことはあります。

一通りゲームを進めてみたんですが、内容はほぼ一緒のようです。

まあ、かなり忘れているので、細かい部分では変化があるのかもしれません。

 

新釈・剣の街の異邦人の方もエンディングを観る所までは進めました。

エンディング後のシナリオをやっているんですが、一つだけシナリオをクリアしています。

どのシナリオもそれなりに制約があるので、他のシナリオは、それ向けにカスタマイズしないと、クリアするのが難しそうです。

現在クリアしたシナリオは、それまで進めてきた状態から、ほとんどカスタマイズする必要がなかったのでクリアできた感じです。

 

これから色々と工夫して、残ったシナリオのクリアを目指したいと思っています。

| | コメント (0)

蒼き翼のシュバリエ

以前PSPで発売された『円卓の生徒』のリメイク作品です。

主要キャラの絵が変更されているぐらいで、たいして違いがあるとは思いませんでした。

まあ、かなり前にやっただけで忘れている部分も多いんですが、ストーリーは基本的に一緒のようです。

 

キャラのグラフィックは選べるんですが、この時『円卓の生徒』のグラフィックを選ぶことも可能です。

 

現在、一応エンディングを観る所まではプレイしています。

エンディング後も、続きの話があるんですが、ここは触りの部分しかやっていません。

 

このソフトには『新釈・剣の街の異邦人』も入っているんですが、現在は、こちらの方を進めています。

| | コメント (0)

エンドセクター

初代PSの古いゲームなんですが、急にやりたくなり始めました。

ゲームの種類としては、戦闘がカードバトルのRPGです。

途中の選択で主人公の性格が変化するのが特徴で、性格にはピュアロゴス、ロゴス、ネイチャー、パトス、ピュアパトスがあり、それによってカードとの相性が発生します。

当然、相性の良いカードの方が効果が大きくなり、かなり有利不利が発生します。

 

RPGとしてのアドベンチャーパートがメインになりますが、純粋にカードバトルを楽しむモードもあります。

バトルアリーナには試練場があり、ここで経験値とカードを獲得することができます。

これをうまく利用すると、アドベンチャーパートがやり易くなります。

特にストーリーを進めるだけでは、手に入れられるカードがなかなか増えないので、思い通りのデッキを作ろうと思うと、試練場を使うのが便利ですね。

 

まだゲームは少し進めただけなので、これからが本番なんですが、じっくり進めて行きたいと思っています。

| | コメント (0)

俺に働けって言われても 乙HD・再開

なんとなく、俺に働けって言われても乙HDを、再び始めた。

このシリーズには酉もあるけど、どっちかというと乙の方が好きなので、乙の方にした。

 

久しぶりに再会した時は、最初から始める事にしているので、今回も最初からスタート。

手っ取り早く先に進めたいので、DLコンテンツは大家鬼畜モードだけオフにして進めている。

どこまで埋められるかは分からないけど、大家のチェックリストを埋めていく事を、とりあえずの目標としてやっている。

めんどくさかった賃上げ要求を100回断るはクリアした。

次は村への寄付関係のチェックリストで、最後の一番金の掛かるものを目標にして進めている感じだ。

 

出来るかどうか分からないのは、全アイテムの作成。

手に入れるのが難しいアイテムがあり、しかも出現にランダムの要素が絡むので、今迄も出来たためしがない。

しかも1個出に入れられれば良いという訳では無く、ある程度数が必要なので、ひたすら根気が必要になってくる。

それで、今迄も挫折してしまった。

 

まあ、どこまで気持ちが続くか試してみようと思ってゲームを進めている感じだ。

| | コメント (0)

«ウィザーズ・シンフォニー